宇治書店~日々ぷかぷか~

「書店を第二の家」にしたいという想いから、このブログを立ち上げました。子育て中のため実際に店頭に立てない日々が続き、伝えたいものが溢れてきたので架空の書店で接客をしつつ、本を紹介していけたらと思います。読んだ人がほっこりする空間を目指していけたらと思います。迷ったときは、お店に遊びに来てください。

2018-03-22から1日間の記事一覧

佐々木正美「はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに」福音館書店

本を読むとは何なのか、最近よく考えます。以前は、書店員だったこともあり、フェアを考えたり、棚の関連性を持たせるために必死で数をこなし、記録をしては感想を書いて出版社へ送っておりました。 現在は消費者側になり、もうすぐ三歳になる息子の興味関心…