宇治書店~日々ぷかぷか~

「書店を第二の家」にしたいという想いから、このブログを立ち上げました。子育て中のため実際に店頭に立てない日々が続き、伝えたいものが溢れてきたので架空の書店で接客をしつつ、本を紹介していけたらと思います。読んだ人がほっこりする空間を目指していけたらと思います。迷ったときは、お店に遊びに来てください。

本が読めない日々も大切な時間

あっという間に時は過ぎ、息子は2歳4ヶ月。言葉も達者で、なにかというと交渉さえしてくるようになりました。

有難いことに、本屋が大好きな子になりました。1度お店に入ると1時間半は帰らせてくれない程。筋金入りの本好きになりそうです。

実は、今年の4月にリアル書店へ復帰できる予定で動いておりました。しかし、さぁ、明日からだ!というときに諸事情があり復帰することが叶わなくなってしまいました。そんなこんなで、多少なりとも落ち込んでいたりしましたが、気持ちも前向きになり、仕方ないとも思えたので、また少しずつ書いていこうと思います。

本はなかなか読めない日々が続いております。

世の中のお母様方は、どのような生活をしていらっしゃるのだろうと考えたりします。

5:30-6:30(季節にもよる)起床、パズルなど

7:00-7:30朝食

-9:30後片付けや、洗濯、掃除など

9:45-12:00外遊び

お昼

13:30-14:00昼寝、添い寝

-15:30または16:00まで寝てる

この間に夕飯の準備や諸々

残った時間で自分の時間、仮眠など

16:00しばらくおひざで抱っこ

16:30家遊び

17:00夕飯

17:30-食後の外遊び

18:30-19:30入浴、就寝準備

20:00就寝 1時間くらいかかるときもあるので、時折一緒に寝てしまう

 

基本的に何かしていても、中断は必須なので、いつでもやめられるようなことしかしていません。本の紹介だけに絞ってしまうと、全く更新が出来なくなるので、育児のことや、考えたことなども今後は綴っていきたいなと思います。

もし、読んでくださっている人がいたら、お付き合いいただければと思います。よろしくお願い致します。