宇治書店~日々ぷかぷか~

「書店を第二の家」にしたいという想いから、このブログを立ち上げました。子育て中のため実際に店頭に立てない日々が続き、伝えたいものが溢れてきたので架空の書店で接客をしつつ、本を紹介していけたらと思います。読んだ人がほっこりする空間を目指していけたらと思います。迷ったときは、お店に遊びに来てください。

成田名璃子「ベンチウォーマーズ」メディアワークス文庫 第12回酒飲み書店員大賞受賞!!!

2016.10の下書き分です。

 

f:id:uji-shoten:20170209155157j:image

いらっしゃいませ。

現在、当店では酒飲み書店員大賞のフェアを行なっております。奇妙な名前の賞だと思いますよね。本賞は、千葉の酒好きな書店員が集まって一冊の本を選出し、みごと大賞をとった作品を、参加した書店員が所属する書店で協力して、お客様にオススメし、届けよう!という賞でございます。

第12回酒飲み書店員大賞を受賞されたのは、成田名璃子さんのベンチウォーマーズでした!青春も青春!!私はこんな時代あったな、なんて初々しくなりましたが、どんな人が読んでも胸がキュンとするはずです!!

他県でも、さまざまな賞があります。色んな選出の仕方がありますが、私がこうしたイベントが面白いなと思うのは、自分では見つけられなかった本と出会えるからだと思っています。

この本、もう知ってるよ、有名だし。と思われる本が選ばれることだってあると思います。でも、私は思うんです。

ネットの力によって情報が数多くの人の目に触れていく。だから、見たことのある本が増えていく。知られるから選ばれる。つまり、知られていなかった本にも知ってもらえるチャンスがいくらでもあるんだ、と。最初は、どの本だって埋もれているんですよね。それを、業界内でも業界外でも、発見した人が必死に伝えていく。そうして、少しずつ日の光を浴びていくのではないでしょうか。賞をとるということは、読んだ人に何かしらの力が働いたということ。その力をもつ本だったということ。だから、どんな本にも同じように寄り添えると、きっと、本も恩返しのように、人の力になってくれるんじゃないか。なんて信じています。

 

↑随分前に書いていた文章。

途中で終わってしまっていましたが、消すのももったいないので、今更ながらアップしておきたいと思います。

 

 

本が読めない日々も大切な時間

あっという間に時は過ぎ、息子は2歳4ヶ月。言葉も達者で、なにかというと交渉さえしてくるようになりました。

有難いことに、本屋が大好きな子になりました。1度お店に入ると1時間半は帰らせてくれない程。筋金入りの本好きになりそうです。

実は、今年の4月にリアル書店へ復帰できる予定で動いておりました。しかし、さぁ、明日からだ!というときに諸事情があり復帰することが叶わなくなってしまいました。そんなこんなで、多少なりとも落ち込んでいたりしましたが、気持ちも前向きになり、仕方ないとも思えたので、また少しずつ書いていこうと思います。

本はなかなか読めない日々が続いております。

世の中のお母様方は、どのような生活をしていらっしゃるのだろうと考えたりします。

5:30-6:30(季節にもよる)起床、パズルなど

7:00-7:30朝食

-9:30後片付けや、洗濯、掃除など

9:45-12:00外遊び

お昼

13:30-14:00昼寝、添い寝

-15:30または16:00まで寝てる

この間に夕飯の準備や諸々

残った時間で自分の時間、仮眠など

16:00しばらくおひざで抱っこ

16:30家遊び

17:00夕飯

17:30-食後の外遊び

18:30-19:30入浴、就寝準備

20:00就寝 1時間くらいかかるときもあるので、時折一緒に寝てしまう

 

基本的に何かしていても、中断は必須なので、いつでもやめられるようなことしかしていません。本の紹介だけに絞ってしまうと、全く更新が出来なくなるので、育児のことや、考えたことなども今後は綴っていきたいなと思います。

もし、読んでくださっている人がいたら、お付き合いいただければと思います。よろしくお願い致します。

 

注目の作家 彩瀬まる 骨を彩る が2月上旬に幻冬舎から文庫で発売予定!改めて読み直してみましたよ。

f:id:uji-shoten:20170107151857j:image

 

いらっしゃいませ。こんにちは。

本日は心地の良い天気で、皆さん散歩帰りに寄ってくださいます。西日が当たるこの時間がとても好きなのですが、書影も本書に相応しく隠と陽を感じさせるように撮れたかなと自負しております。

 

2013年に発売した本書。

あのひとは蜘蛛を潰せない という本を読んで衝撃を受け、彩瀬まるさん天才だ!と叫び、叫んだところ同業の方に本書を勧められて読み、また、天才だ!!と確信したご縁があります。

 

一度、トークイベントに参加させていただいた際に、実際にお目にかかり、まるさんが声を出すたびに惹きつけられる強さだったり、脆さだったり、そういうものを自分で考えて言葉にするための間だったり全てが心を掴む方だなと思いました。言葉を編む職業だからかもしれませんが、言葉を大切に丁寧に発されていると感じましたよ。

 

当店のお客様の中に、物腰の柔らかい日々を丁寧に生きていらっしゃる年配の女性がいます。まるさんは、そう、その方のようにどこか達観している雰囲気がありました。トークが終わると、がらりと変わってキュートでよく笑う年相応の表情になるのです。そんなところも、また魅力的でした。

 

マザーテレサは日本に訪れた際、

「豊かそうに見えるこの日本で、心の飢えはないでしょうか。だれからも必要とされず、だれからも愛されていないという心の貧しさ。物質的な貧しさに比べ、心の貧しさは深刻です。心の貧しさこそ、一切れのパンの飢えよりも、もっともっと貧しいことだと思います。日本のみなさん、豊かさの中で貧しさを忘れないでください。」

とおっしゃった。

心に「ない」を抱える人は、この日本に一体どれだけいるのでしょう。便利になればなるだけ、心が「ない」と感じる日本に一体なにが必要なのでしょう。

 

本書を読んでいて、わたしはいつも心掛けるようにしていることを、改めて思い直しました。それは、どんな人のことも、一度は受け入れてみる ということ。なんですが、これがなかなか難しく、苦しい。小春が葵に見せたように、好きなのに受け入れられなくて壁に悩んだり、こちら側の価値観を知らず押し付けてしまっていたり、する。大人になると、うまく遠ざけようとする。本書にある通り。フツーに毎日を過ごしていると、ふとした瞬間寂しさに襲われる。その寂しさは人によっては肌と肌を合わせないと埋まらない、実際はそうしても埋まるものではないのだろうけど、そうせずにはいられない空虚さを現代の人は持っている。

 

本書は、目を閉じてしまいがちなものたちに、きちんと目を開けて向き合うことが大切なのだと語っている。背けるから自分に嘘をついている気がして苦しくなる。一回嘘をついた自分が信じられなくなる。疑問はぶつけてみればいい、分からないなら挑戦してみればいい、悲しいなら泣けばいい、相手に合わせて心を殺して生きるよりよっぽど得られるものは大きいのだから。

空気が読めるということは大事だと思う。でも、自分の心に嘘をつくのは、やっぱり傷が深くなる前にやめよう。

わたしは自分に嘘や言い訳ばかりしてきた。逃げ道をまずは探す癖がついていた。だから、本に助けを求めた。自分がどうしたらいいか分からなかったから。あるいは、分かっていたけど分からないならふりをしていたから。

 

あれから6年以上経ったいま、本書に出会って、少しは自分を信じられるようになったのかもしれない、と感じられた。

 

彩瀬まるさんの本は、心の貧しさに温かい光を灯してくれる、さらに理由まで説明してくれる、強く凛としたメッセンジャーだと思いましたよ。

 

熱を帯びて語りすぎてしまいましたね。気付けば足下で猫ちゃんが寝ております。迷い猫でしょうか?

 

もし、気になって文庫を手にとってくださったなら幸いでございます。

本には人の命が込められていますね。

では、またのご来店お待ちしております。

 

なにかなぜか空虚さを感じたときは、涙が溢れるときは、なにか買わなくちゃと思わなくていいから、本屋に足を運んでみてください。きっと、前に進むためのヒントが見つかるはずだから。わたしはそういう人の力になりたくて、この宇治書店を開店させたのだから。たった一人で寒空の中にいないでほしい。あたたかいお店で、声をかけてほしい。どうか、独りだなんて思わないで、ほしいです。

 

 

エーリヒ・ケストナー 作 池田香代子 訳 飛ぶ教室 岩波少年文庫

f:id:uji-shoten:20170105205912j:image

いらっしゃいませ。今晩は。

本を読むための、まとまった時間がなかなか取れずに日々を過ごしていましたら、あっという間に2016年が終わり2017年へと移り変わっておりました。

 

書店員として働いていると、たくさんの本と出会います。売るために、どう展開していくかが大事なので、新刊は限られた時間の中でやりくりしながら、読んでおりました。過去に発売された名作、気になっていてもなかなか読めずに過ぎ去る毎日。そんな日々が続いていました。

本日の天候は風が強く外では遊ばせにくいため図書館へ向かいました。子どもの本を借りる際、ふと目についた作品が「飛ぶ教室」でした。あれ、どんな話だったかな?と感じたのが切っ掛けで、借りて読んでみました。

 

一言でお伝えすると、感動しました。ものすごく。

 

言葉の一つ一つが、本に埋もれる仕事である私の心に、すっと染み込んでくるのです。読み進めるうちに、言葉が花開くといいますか 少しずつじんわりじんわり溶けて ラストはもう胸がぎゅっと苦しくなるくらいの感動で、いま、読めてよかったと思いました。

 

ケストナーさんは、ナチス政権の手中にあるドイツに対して、勇気を出して本という力を借りて、大声で何が大切かを叫んでいたのだと思うと「アンネの日記」が幼心に震えたように「飛ぶ教室」もまた、大人が改めて読むべき本であると感じました。クリスマスはもう過ぎてしまいましたが、時折ゆっくり大切なものがなんなのか考える時間を持てる大人でありたいと、思わせてくれました。自分への最高のクリスマスプレゼントになるだろうと思います。

 

本にはタイミングがあると信じています。その人が求めていることを本が教えてくれる。

今月の末に小学館から夏川草介さんの新刊が発売されます。そちらの本とも似通っているかもしれません。

 

今年の目標は

育児の手を抜く

行きたいところ、やりたいことに挑戦する

と決めた瞬間出会った本でしたので、本人が一番ビックリしています。少し自分自身の中で考えていることに不信感を持ってしまっていた矢先でしたので勇気がでました。

本はいつも私を助けてくれます。

 

本は生きています。だから、何を読めばいいか分からなくなったら、心の声に耳を傾けてみてください。きっと、本の方から傍にきてくれるはずです。

 

当店に来てくださるお客様の中にも、救われる一冊がありますように。

 

きみがしらないひみつの三人 の絵本が教えてくれた生きることの尊さ

f:id:uji-shoten:20161027115656j:image

いらっしゃいませ。本日は、太陽の輝きや葉っぱが風に舞う様子が美しい秋空ですね。

午前中は子どもを病院に連れて行きました。そのため、しばしお店を閉めておりました。大変ご迷惑をお掛け致しました。

病院というのは待ち時間が長く、子どもも退屈になってしまうものです。そんなときに、絵本というのは物語の世界へと連れていってくれるのでありがたい存在ですね。

そこで、たまたま目に入った徳間書店の絵本に考えさせられました。

「きみがしらないひみつの三人」 ヘルメ・ハイネ作・絵 天沼春樹 訳

誰しもうまれると、三人のともだちがやってくる。アタマはかせと、ハートおばさん、ふとっちょのいぶくろおじさん、それぞれの場所に住むらしい。

そんな一人と三人が、成長していくためにどうしているかを描いているのだけど、病院で読んだからか、人の生死について、少し想いを馳せてしまったのです。絵が独特だからでしょうか。言葉が厳選されているからでしょう。切なくなったんです。

最近、私の周りで知り合いが数人亡くなられたりしたからでしょうか。もっと話したかったとか、もっと会いに行けば良かったとか、後悔してしまうことも、いきているとあるんですよね。そうした気持ちを心の奥の方から呼んでくれるような不思議な絵本だなと思いました。

 

誰かが誰かと繋がるのには意味があると思っています。その縁を大切にできているのだろうか。私はきちんと、一人一人と接して入られているのだろうか。そんなことを考えたんです。

 

お客様とは一期一会。

一人一人と、向き合えているのかと自問自答した1日でした。

また、常連のお客様がご来店されたときは、今日どんなことがあったのかとか、思ったこととか、聞かせていただきたいな、なんて夢見てしまいました。

ふふふ、へんですね。

またのご来店お待ちしております。

村山早紀 桜風堂ものがたり PHP が贈る書店員への応援歌

f:id:uji-shoten:20161023094607j:image

おはようございます。

ずいぶん涼しく秋らしい天気になりました。朝は早くに起きて、2時間ほど子どもと散歩に出かけます。空気が澄んでいるので、心も身体も朝を感じて元気になります。

桜風堂ものがたり、読んだ方も多いかと思います。私にとって、この本は書店員さんへの応援歌であり、お客様にとっては、声に出して語れない書店員さんからの想いを代弁している本であると思いました。

 

先日も当店で悲しくも万引きがありました。たまたまお店にいたお客様がよく知っていらっしゃる家の人だったので、悪気はなかったと語ってくださいましたし、事なきを得ましたが、やはり悲しい事実であります。

 

書店にとって万引きは、皆様が思っているよりもずっと苦しいことなんです。

 

この物語は、月原一整という書店員が、万引き事件を切っ掛けとして10年勤めた勤務先を退職するというところから始まります。他人事ではない物語。書店員なら、のめり込んで読むかもしれません。本屋が好きな方も、夢中になって読むかもしれません。

 

書店員を長く勤めると、本屋の持つ独特な空間もそうですが、本たちが織りなす光や、呼び込む偶然、そして、自分が見つけた宝物のような本が目の前で売れていくのをみていく感覚から離れがたくなるのです。本当に素敵で特殊な感覚なので、味わったことのある人だけが分かるものなのだと思います。

 

不思議な感覚や出来事が、桜風堂ものがたりには、リアルに描かれていて、たくさん、たくさん話を聞いたのだろうなと思わせるものがありました。

 

自分の書店を持つことは、誰でも一度は夢見ることです。

私も、こうして架空の書店を作っているものの、リアルには程遠いです。手をかけてあげることが、棚が輝く大前提。その場所がないのは、とても寂しい気持ちになります。

私は今、ここでこうして、実際に会えなくても言葉を紡いでいければ満足です。お客様が会いに来てくれたら、もっと嬉しいけど、欲張ってはいけません。

一つ一つ大切に、日々ぷかぷかと生きていけたらなんて願っています。

 

いつか、この宇治書店で会話が出来るといいのにな、なんて夢見てます。ゆっくり歩んでいきましょう。

またのご来店をお待ちしております。

 

2016東京国際ブックフェアに行ってきました!

f:id:uji-shoten:20160929191144j:plain

いらっしゃいませ。

本日もお仕事お疲れさまです。保育園に仕事に、本当にお疲れさまです。運動会のための縫い物や、手作りの品々、さらに仕事もあってほっとする暇もないと思います。身体には充分気を付けてくださいね。

今日は、そんな忙しいお母様にクリスマスを先取りしておすすめの絵本がございます。頭の片隅に入れておいていただけたらなぁなんて思っております。

先週末に開催された東京国際ブックフェアに行ってきた際、子供に何度も「読んで読んで」と頼まれた本なんですよ。私もはじめて知りました。まさに、子供に教えてもらった…というものです。

tupera tupera 「さんかくサンタ」絵本館
本体価格1200円

絵本の出版社が集まるブースに行き、知り合いの出版者さん書店員さんとご挨拶などなどしていたのですが、たくさんの絵本がある中で子供が選んだのは、この本でした。

「さんさんさんかく、さんかくサンタ♪」と歌うように読み聞かせたところ、いたく気に入り合計で七回も読みました。そんなに気に入ったなら…と購入致しました。

帰ってからも、何度も読みました。
ブックフェアが終わってからも、毎日五回以上読んでおります。本当に気に入った様子でした。

子供は無邪気で、こちらも嬉しくなるものです。もし、プレゼントに迷ったら参考にしていただけたらと思いますよ。あ、少し笑ってくださいましたね。良かった。お店に入ってきたときは、眉間に皺がありましたよ。笑うと、幸せな皺が出来ますね。

ここからは、お母様に質問なんですが、実は気持ちがざわついたこともあったんです。「お母様にとって、本は必要不可欠なものですか?」私は、専業主婦になって、はじめて本屋で働く自分の価値観が、本当はお客様に寄り添えてなかったのではないか…と思ったんです。本屋で働く人は、やっぱり本が好きだし、売り上げもとりたいから本を勧めますよね。でも、お客様の立場で考えたら、場所もとる、かさ張る、などの理由で「今、必要なもの」ではないのかもしれないと感じたのです。

今回のブックフェアで、何だか得たいの知れないなにかと向き合った気持ちになったんですよ。それは、メモを片手に大量に買っていく大人をみてだったり、目が真剣で下に子供がいることにも気付かないで押し退けている姿だったり、泣いている子供をみて舌打ちしてきたり、そうした小さなことなんですが、そんなに欲しかったら「本屋」で買えばいいのに…と思いましたよ。ブックフェアは割引があるので、安く手にはいるとは思いますが、遠い人からしたら交通費だけでそのくらいは払うことになりますよね。
いや、でも、色んな出版者さんが出展しているので、全てそろう可能性は高い…そう考えることもできます。何が言いたいか…というと、子供を押し退けてまで購入したいのなら本屋を利用してもらえたらいいのにな…ということ、そもそも、本は必要なものなのかな…ということを自分自身が書店員として考えて向き合わなくてはならないなと思ったんですよ。本屋が本当に必要とされているのか。
お客様と寄り添うためには、ちゃんと答えを導き出さなくてはならないなと感じましたよ。

すみません…店主の私がぼやいてしまって。あぁ、受け入れてくださってありがとうございます。お客様が笑ってくださったように、私も一生懸命寄り添っていかなくてはなりませんね。書店員としての自分に。聞いてくださってありがとうございます!