宇治書店~日々ぷかぷか~

「書店を第二の家」にしたいという想いから、このブログを立ち上げました。子育て中のため実際に店頭に立てない日々が続き、伝えたいものが溢れてきたので架空の書店で接客をしつつ、本を紹介していけたらと思います。読んだ人がほっこりする空間を目指していけたらと思います。迷ったときは、お店に遊びに来てください。

大好きな大好きな益田ミリさんの「今日の人生」ミシマ社をこの先の人生、何度も何度も読み返すだろう

f:id:uji-shoten:20170928154244j:image

 いらっしゃいませ、こんにちは。

 

今日は雨が降ったり止んだりと落ち着かない日々です。こんな日も、子どもは元気に走り回り、親も一緒に走り回ります。

電池が切れるようにパタリと寝てしまった息子の寝顔を見ながら、なんだか無性に本が読みたくなって、いつでも止められるように本書を選びました。

 

いつでも止められるように、なんて思っていたのに、言葉が胸に響くから次も次もと欲張ってしまい、運良く息子も寝ているので読了できてしまいました!

一冊一気に読み切れることの幸せ&益田ミリさんの独特の空気を堪能できた幸せで感無量でございます。

 

益田ミリさんの作品は、何冊か持っていますが、本書は年代問わず、いつでも寄り添ってくれる本だと思いました。

 

育児は毎日毎日同じことの繰り返し。けれど、子どもは同じことなんて一つもなくて毎日が冒険。大人になると些細なことも見逃してしまうけれど、子どもは全部一生懸命、感じて見て捕まえようとする。このままでいいのだなぁ、と思えます。

益田ミリさんは、大人だけど、子どものような純粋な瞳と感受性を持っているのだなと、そして、その感覚は、どの人にも備わっているのだなと思いました。

心を閉じたり、卑屈になってしまったりするときもある。でも、そのあとは閉じた目を開いて見てもいいのかもしれないと思える本です。

 

実は今週、少し心がクサクサしていました。何が、という原因はないのですが、心に積み重なったものが重くのしかかっていて上手く折り合いがつけられなかったのです。

けれど、ミシマ社さんの一年遅れの10周年記念イベントに参加させていただいて、この本と出会って、そして今このときのタイミングで読めたことに心から良かったなと思えました。

 

すぐ言葉で傷ついてしまう弱い心を持つ私ですが、それでもいいと、これだけは守るというものがあれば、他人に低く見られようと、過去のように言葉で攻撃されたとしても、悲しくてもいいやと。あの人がすごい、この人がすごい、上を見たらキリがないなと思えたのです。

文章は下手でも伝えたいことがある、リアル書店で働けなくても信念は揺るがない、例え自分から人が離れたとしても、また出会いがあるはずだと、益田ミリさんの一つ一つの言葉に励まされたのでした。

誰かのために、と思って生きてきた。でも、今は息子の笑顔のために、で精一杯。それでいいじゃないかと思えたのです。

 

本屋での接客は好きです。他者の力になりたいという気持ちもあります。

でも、いまは、守りたい人を守れる人でありたいと思います。

 

もし、益田ミリさんの本と出会って、少しでも「このままの私でいいんだ」と思える人が増えたら、当店としてはとても嬉しいことです。

笑顔が一つでも多く輝きますように。